トップイメージ

乳児・子どもの救命/応急手当とは

 「救急車を呼べば何とかなると思っていませんか?」

 大切な子どもたちの命を守るために、私たちに出来ることがあります。それが、救命/応急手当です。正しい知識と練習で簡単に身に付けることが出来ます。

 大切な子どもたちの命を守るために、すべてのママやパパへ。そして、子どもと接するすべての人へ・・・。

 子どもは、"小さな大人"ではありません。

 大人に比べると、皮膚が薄く、血液量も少ないので、ちょっとした怪我でも危険な状態になることがあります。また、頭が大きいために転倒転落の危険性が増します。気道が細いので、窒息の危険も増します。このような子ども特有の危険性を認識し、年齢にあった対処法が必要となります。

 保育関係者をはじめ、サッカーや野球などのスポーツ指導者、アウトドア指導者のように多くのお子様と接する機会がある方には特にお勧めです。

 *私たちは、乳児&小児を専門に扱った「子どもの事故と応急手当プログラム」/L.S.F.A-children'sを利用して応急手当の普及活動を行っています。

子どもたちの事故の現状

 事故防止と救命/応急手当を学ぶ上で、事故の現状を知ることは、ファーストエイドの第一歩です。

 0歳〜19歳まで、出産前後の死亡を除くと、どの年齢でも『不慮の事故による死』が1位を占めています。つまり、この事故を未然に防がなければなりません。

 不慮の事故の内訳には、窒息や交通事故、溺水、転倒・転落など、回りにいる大人が気をつけることで、防げることがたくさんあります。

 しかし、万一起こってしまった時に、適切な対応ができるよう、子ども特有の危険性を知った上で学ぶことが重要不可欠です。

ファーストエイド普及の必要性

 もしもの時、あなたは「救急車を呼べばなんとかなる!」「救急隊や、お医者様が助けてくれる!」と思っていませんか?

 大切な子どものいのちを救うためには、救急隊に引き継ぐまでの数分間が鍵を握っています。そして、あなたにしか担えない重要な役割があります。

 それは、けして難しいことではありません。専門知識や技術も必要ありません。

 ひとりでも多くの方に、このスキルを身につけていただき、子どもたちの健やかな成長を一緒に見守っていきたいと思います。



ページトップへ
Copyright (C) NPOシーボウル海の教室 All Rights Reserved.